『プロコーチ養成スクール』事業譲受のご挨拶

 こんにちは。宮越大樹(だいじゅ)です。

 

『プロコーチ養成スクール』は、この4月から、株式会社アナザーヒストリーが運営主体となります。

みなさまには、プロコーチ養成スクールに対して、様々なご支援をいただいたこと、本当に感謝しています。

 

昨年9月に、スクール運営会社(アナザーヒストリー)を立ち上げ、プロコーチ養成スクールの引き継ぎを進めてきた中で、ご心配をおかけした皆さんには大変申し訳ありませんでした。

 

3月31日にチームフローからの事業譲渡契約が完了し、正式に、プロコーチ養成スクールの運営主体となりました。

今後ますます、みなさまのご支援をいただきながら、社会的使命を全うしていきたいと思っています。

これからもよろしくお願いします。

 

ここで改めて、これまでの経緯や今後への思いを、説明させていただきます。

この8年を振り返って

2017年4月で、チームフロープロコーチ養成スクールは8年目を迎えます。

僕はこれまで1500人以上の参加者と一緒に、コーチング・カウンセリングを学んできました。

これは人生の中でも本当に大きな事で、どれだけ感謝してもしきれません。

 

2005年7月にコーチングに出会い、2007年1月にプロコーチになり、同年9月に講師デビューしました。

 

そして2010年4月に始めたのがプロコーチ養成スクールでした。

当時はまだプロコーチになって3年と少し。

まだまだ駆け出しコーチだったので、とにかく自分がチャレンジを続けるしか道がありませんでした。

必死で勉強し、必死でコーチングし、参加者がやっていることから学び、教え方について仮説をつくり検証して。

 

毎日コーチングに関する夢を見ていましたし、うなされて起きることもしばしばでした。

ただただ一生懸命でした。

 

たくさんの素晴らしい先生や先輩に恵まれ、優秀で熱心な参加者に恵またことが幸いし、7年間この仕事を続けて来れました。

振り返ると本当に遠くまで来た気がします。

あたりまえのことですが、僕しか体験していない世界を生きてきました。

 

プロコーチ・カウンセラーを育て続ける毎日。

1500人の生徒から受けた相談の数々。

2008年北京オリンピックから始まる様々なプロジェクトへの支援。 

多くの人に求められて様々な現場を経験させてもらうことで、『ポジションによって人は成長する』ということを実感してきました。

 

だからこそ、その全てを還元したい。世の中がよくなるために出来ることはしたい。

そんな気持ちのもと、1000本以上のビデオを無料でリリースしてきました。

おかげさまで世界50カ国以上で200万回近く再生され、多くの方から人生が変わったと言ってもらっています。

そしてビデオを見てくれた方との間から起こった出来事をまたクラスに還元し、とサイクルを回し続けてきました。

変化の時期にあっての決意

昨年春、株式会社チームフロー(現・株式会社イノベイティア)の経営難とそれに基づく方針変更を受けて、僕自身が新しい会社をつくり、そこでプロコーチ養成スクールを継続することが決まりました。

 

実はそれ以前に、僕はプロコーチ養成スクールの講師職を離れ、次のキャリア(国外での対人支援に関する研究と新プログラムの作成)に進むことが決まっていました。 

そんなこともあって、多くの方に「宮越自身のキャリア選択として“スクールをやる”でいいのか?」とご指摘を受けたり、心配されたりしました。

 

けれど気持ちが揺れることはありませんでした。

たくさんの人が参加してくれた、このムーブメントを続けることには価値がある。

誰もが「望めばちゃんと学べる場所」を維持することには大きな意味がある。

そう思ったのです。

 

これからもスクールを最高の学びの場にし続けますし、スクール運営会社(株式会社アナザーヒストリー)の経営者としてもチャレンジをしていきます。

 

2020年を目処に、他の講師が全てを教えることができる体制をめざしますが、そうなったとしても、このスクールが世界的にも価値ある学びと実践の場でありつづけるように関っていくつもりです。

 

(僕の次のキャリアへは、そのプロセスの中でタイミングをみながらチャレンジしていきます。というか今も国内でできるチャレンジはどんどんしています)

誰かの力になりたい人のための場所

プロコーチ養成スクールという名前ですが、専業コーチ・カウンセラーの育成だけを目的としている訳ではありません。

本来はプロ中のプロに伝えるような『人生の変化に関わる秘訣』を誰であれ必要とする人に伝えるための場なのです。

 

私たちは何度も人生の岐路に立ちます。私たちが関わる相手もそうです。

 

「そんな相手の力になりたい!」

「そのために学び、スキルを磨きたい!」

という方、誰にでも門戸を開いています。

 

今年は第31期(4月開講)と第32期(10月開講)の2期を開催します。

 

この半年ほど、教え方をかなり研究し直しました。

その結果31期から教える内容や教え方が大きく変化します。

 

すでに、たくさんの方にエントリーしていただいています。

中には様々な領域の専門家も含まれていますし、海外からの参加者もいます。

 

クラスの最大のリソースは参加者のみなさまです。

ぜひお互いの人生経験から学んでいただきたいと思います。

 

今年からまた新しいチャレンジです。

世界最高水準の場を創り、皆の取り組みで社会に様々なインパクトを与えるために。

 

今年一緒にスタートしたい!という方。

今からでもエントリーください。

 

また一緒に学びたい!という方。

ぜひセミナーや講演会に来てください。

 

僕たちと共にチャレンジしましょう!

2017年4月1日

株式会社アナザーヒストリー

アウェイクナー

宮越大樹